新築一戸建ての外観を損なわない方法~アンテナ取り付けを工夫~

アンテナ取り付け以外でテレビを見る方法を確認する

アンテナの取り付け方法は様々

テレビを見るために新築一戸建ての住宅にアンテナを取り付けるなら、取り付け方法やその種類と特徴を押さえておきましょう。取り付け方法を確認することで住宅にあった工事方法でアンテナを取り付けることが出来ます。

新築一戸建てに向いているアンテナの取り付け工事

壁面取り付け工事
壁面取り付け工事は、デザイン性の高いアンテナを取り付けるときに使用することが多いです。外壁に設置することで、スッキリとまとまった印象の住宅を保つことが出来ます。さらに、こだわって建てた新築一戸建の美観を損ねることもありません。そのため、住宅をスタイリッシュなままでこだわりを崩すことなく、アンテナの取り付けが出来ます。オリジナルを崩したくない人はデザインアンテナを選び、壁面取り付けを検討しましょう。
突き出し金具取り付け工事
この突き出し金具取り付け工事は、サイドベース設置とも呼ばれていて、突き出し金具を使用してアンテナを取り付けます。この方法で取り付けられた住宅は、アンテナが付いているにも関わらず、屋根上に設置するよりもコンパクトに収まります。そのため、屋根上の設置よりにも住宅の美観性が良くなります。外壁面の強度が強い場所であれば、目立たない場所に取り付けることも可能です。また、見た目だけではなく、台風の影響を受けにくいというメリットもあります。
屋根裏取り付け工事
アンテナの取り付けには様々な方法がありますが、こだわって新築一戸建てを建てた人にとっては住宅の屋根や壁にアンテナを取り付けることに抵抗を感じる人もいると思います。屋根裏取り付け工事は、一番住宅の外観を変えない方法です。外から見てもアンテナは見えないため、見た目は一番良いでしょう。しかし、アンテナの種類や住宅のあるエリアの電波状況によっては、十分な電波をキャッチすることが出来ずにテレビ視聴に影響が出る可能性もあるため業者と要相談することが大切です。
TOPボタン